まつまるまつまる

どうも、まつまるです。いや~今から紹介するエラーを解決するのに丸一日掛かりましたよ😢

この記事ではFlutterでCloudFirestoreを使った時に僕が実際に引っ掛かった2つのerrorと対策方法についてです。

スポンサーリンク

1つめ

エラーコードは以下の通り。

Inspecting targets to integrate
Using `ARCHS` setting to build architectures of target `Pods-Runner`: (“)

    Finding Podfile changes

      R FirebaseFirestore

      – Flutter

      – cloud_firestore

      – firebase_core

    Fetching external sources

    -> Fetching podspec for `Flutter` from `Flutter`

    -> Fetching podspec for `cloud_firestore` from `.symlinks/plugins/cloud_firestore/ios`

    cloud_firestore: Using Firebase SDK version ‘7.3.0’ defined in ‘firebase_core’

    -> Fetching podspec for `firebase_core` from `.symlinks/plugins/firebase_core/ios`

    firebase_core: Using Firebase SDK version ‘7.3.0’ defined in ‘firebase_core’

cloud_firestoreのSDKバージョンは7.3.0と定義されています的な感じですね。

解決策

以下をios/PodfileにコピペすればOK!

pod ‘FirebaseFirestore’, :git => ‘https://github.com/invertase/firestore-ios-sdk-frameworks.git’, :tag => ‘7.3.0’

参考にしたのは↓ですが、バージョンは古いので注意。
https://firebase.flutter.dev/docs/overview/

2つめ

エラーコードは以下の通り

[core/not-initialized] Firebase has not been correctly initialized. Have you added the “GoogleService-Info.plist” file to the project?

これがめちゃくちゃ時間かかった割に平凡なミスだった😩

エラー内容を和訳すると「Firebaseの初期化ができん、GoogleService-Info.plistをプロジェクトにぶちこんだか?」ですね。

そんで僕は、何言ってんねん、入れてるやん!って疑うことをしませんでした。そしたら、ファイルの名前を間違っていました。ダウンロードしたときに同じ名前があれば勝手に数字がつくんですよね。。

解決策

正解はこちら。”-2″が余計でしたね。
単純すぎるミスってググっても出てこないから、エラー関連で泥沼にハマったらスペルミスを確認しないとと思いました。