まつまるまつまる

どうも、まつまるです。あ~お腹すいた。

この記事ではColud Firestoreを使うための準備がメインです。

前提
Flutterの環境構築は済んでいる
Googleアカウントを持っている

基本は公式サイトの通りに説明していきます。

ステップ1:Firebaseプロジェクトを作成する

まずはFirebaseのサイトに飛びましょう。


使ってみるをクリック
プロジェクトを作成
■プロジェクト名を入力


適当な名前をつけて、Firebaseの規約に同意したら続行!


特に変更しなくてOK


Googleアナリティクスアカウントがあれば選択する。無ければ作成しましょう。


この画面がでればOK

これでFirebaseプロジェクトが立ち上がりました。

ステップ2:アプリをFirebaseに登録する

iOSandoridで手順が変わってくるので、必要に応じて設定しましょう。(Flutterやっているならどっちも必要だよね)

iOSバージョン

iOSをクリック


次はiOSバンドルIDを入力します。バンドルIDを確認するためにandroid studioを開きましょう。


android studioで作成しているプロジェクトからiosディレクトリを右クリックしてXcodeを開く。


Xcodeを開たら、RunnerGeneralBundle Identifierをコピー。


Firebaseの画面に戻って貼り付ける。アプリのニックネームはなんでも良いです。App Store IDは省略。アプリ登録をクリック。


登録できたらGoogleService-Info.plist ファイルをダウンロードしてXcode プロジェクトに移動。

Xcodeを開いて、Runner配下に先ほどダウンロードしたファイルをドラック&ドロップしましょう。


終われば、次へをクリックしましょう。


Firebase SDKの設定はスキップするので、この画面が出てきたら何もせずに次へをクリックしましょう。


ここも何もせず次へをクリック。


コンソールに進んで、次のステップに行きましょう。

androidバージョン

アプリを追加

andoridを選択


パッケージ名はandroid studioで確認します。
■android studioshiftOで検索画面が出てくるのでManifest.xmlmainを開いてください。

■開いたところのpackage名をコピーしましょう。


入力してアプリを登録
■次はダウンロードした google-services.json ファイルを Android アプリモジュールのルートディレクトリに移動

Firebase 構成ファイルを追加する

ルートレベル(プロジェクトレベル)の Gradle ファイル(android/build.gradle)に、Google サービスの Gradle プラグインを含めるためのルールを追加classpath ‘com.google.gms:google-services:4.3.5’

モジュール(アプリレベル) Gradle ファイル(通常は android/app/build.gradle)で、Google サービスの Gradle プラグインを適用
apply plugin: ‘com.google.gms.google-services’

app/build.gradleに

multiDexEnabled true
implementation "androidx.multidex:multidex:2.0.1"

を追加。
参考にしたのはこちら

ステップ3:Cloud Firestoreのデータベースを作成

■データベースの作成をクリック。

■まずはテストモードで開始します

■ロケーションはひとまずnam5にしておきます。

■無事にデータベースを作成できたらこんな画面になります。

■コレクションを開始して、データベースに適当なドキュメントを作っていきたいと思います。コレクションIDitemにします。名前はなんでもいいです。

■フィールドと値にデータを任意で入力します。

■ドキュメントIDは自動IDをクリックしたら勝手に作ってくれます。入力したら保存しましょう。


ちゃんと追加されていますね。

ステップ4:FlutterFire プラグインを追加する

①エミュレータまたはデバイス上で、アプリが実行されていないことを確認します。

②Flutter アプリのルート ディレクトリから、pubspec.yaml ファイルを開きます。

③pubspec.yamlにfirebase_core: ^1.0.0を追加

④アプリで使用するFirebaseプロダクトを追加。今回はcloud_firestore: ^1.0.0を使って、テキストを保存してみます。以下のようにコピペすればOKです。

pub getをクリックしてパッケージをゲットしましょう。

準備がだいぶ長かったですが、これでひとまず準備完了です。