鳥

まつまるまつまる

どうも、まつまるです。Flutterのキャラクターがかわいい

さてさて、今回はFlutterのイベントについて書いていきます。上の画像は公式サイトでゲットできるので気になる方はどうぞ。

そもそもFlutterって「なんやねん😤」って方は以下の記事を見てください。

公式Twitterを見ていたら、なななんと202133日の9時半からFlutter Engageというオンラインイベントが開催されるみたいです!

日本時間にすると・・3月4日の2時半スタートです。夜中も夜中です🥱

今回のビックサプライズは動画でフューチャーしているようにFlutter 2.0の発表がメインになると思います!

まずはイベントスケジュール🗓を整理して、その後にFlutter 2.0について考察してみようと思います。

スポンサーリンク

イベントスケジュール🗓

※時間は米国太平洋基準です。

9:30〜今回の主旨(興奮するプロダクトとデモ、及びにスペシャルゲスト出演)

10:30〜質問タイム(Dart,Flutter,FirebaseについてTwitterでの質問に答える)

11:30〜セッション1 : モバイルアプリとウェブアプリについて

12:00〜セッション2 : null safetyについて

12:30〜セッション3 : デザイン抜群のアプリについて

1:00~セッション4 : 良いアプリとは・・?

なんといっても注目は冒頭ですね~。ここでFlutter2.0の発表があるはず。気になる👍

Flutter 2.0の予測

予想はズバリ、Webアプリの正式リリース!

2020年5月時点でWebアプリのベータ版がリリースされています。Flutterはクロスプラットフォームを目指しているので、遅かれ早かれWebの正式対応はしてくるでしょう。

モバイルアプリとウェブアプリが単一コードで済むって激アツじゃないですか??

結論を言っておしまいは寂しいので、これまでの過去を振り返ってみましょう。ちなみに2021年1月26日時点で1.22.6がFlutterの最新バージョンです。

Flutter 1.0
2018年12月に正式発表。発表イベントの内容はiOSウィジェットの大幅強化やFirebaseのサポートなどがメインでした。

ついでにFlutterの言語であるDartも振り返ってみましょう。

Dart 1.0
JavaScriptの代替を狙って2011年にGoogleがリリース。泣かず飛ばずの結果。

Dart 2.0
2018年2月に発表。FlutterによってDartのみでios/android/webを開発可能になって息を吹き返す。

今までのFlutterのイメージはモバイルアプリの印象が強いですけど、Webへの展開がFlutter2.0のスタートではないでしょうか。

参考文献

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/Flutter
https://events.flutter.dev/