まつまるまつまる

どうも、まつまるです。今回は僕が色々試したFlutterの学習方法を紹介します。Flutterを取り組み始めたのはpythonのfor文を使えるくらいのレベルです。ガチ初心者です。

この記事ではFlutterを始めてから3ヵ月までの流れと、ガチ初心者向けに学習方法のオススメ手順を考えてみたいと思います。

結論(オススメ手順)

  1. 作りたいアプリをイメージする。
  2. Flutterで実現可能かググる。
  3. UdemyのFlutterコースをやりきる
  4. アプリの機能を単品ずつ作る
  5. 機能を繋げてアプリ完成
    まつまるまつまる

    実現可能か分かんないという方、質問してもらえれば分かる範囲で答えますよ!

    それでは僕の学習方法について順を追って行きましょう!

    スポンサーリンク

    Flutterを始めたきっかけ

    個人でアプリ開発するためです。
    1番大きいのはマルチプラットフォーム対応ってとこですね。詳しくは別記事に書いているので見てください。

    1ヶ月目

    📱「Flutter 初心者/学習方法」でググる
    Flutter/android studioインストールと設定
    👀Flutter公式サイト(英語)を眺める。
    ✍️Flutter公式サイトの日本語verをやる。

    📱「Flutter 初心者/学習方法」でググる
    とりあえずググりました。内容的にはこの記事が1番しっかりしてます。ただ、プログラミング初心者にはちと難しいかと。分からない所は飛ばして、読み直すのがベターと思ってます。
    あと僕は機械学習のアプリを作りたかったので、Flutterと「Firebase」「MLkit」「tflite」の相性が良いことを知ってテンションあがりました。どれも数行で機械学習を実装できる強者たちです。

    Flutter/android studioのインストールと設定
    ターミナルの設定に慣れていない僕にはインストールと設定も難しい。「Flutter 環境構築」とググれば色々出てくるけど、bash?zsh?なにそれ状態だった。笑 まあでもなんとかなりました。

    👀Flutter公式サイト(英語)を眺める。
    公式サイトは充実してますけど、初心者が理解するには時間が掛かりすぎる気がします。
    色々見てみたあとで公式のサンプルアプリを動かしてみて自分の作りたいものをイメージできたらOKだと思います。

    ✍️Flutter公式サイトの日本語verをやる。
    ありがたいことに公式サイトのチュートリアルを日本語で解説してくれているサイトがあります。まずはそこで手を動かしました。取っ掛かりとしては良いかなと思います。たまに動作しないやつがあった気がしますが、最初は深く考えず先に進めていきましょう。

    1ヶ月目のまとめ
    まずは手を動かす。
    そして、作りたいアプリのイメトレ。笑

    スポンサーリンク

    2ヶ月目

    😅ネットにあるプログラムをコピペ
    ✌️Githubのレポジトリをクローン
    💰UdemyのFlutter初心者コース購入

    😅ネットにあるプログラムをコピペ
    「Flutter Todoアプリ」とかでググれば実際に動くアプリのコードが見つかります。参考になりそうなやつはandroid studioにコピペしてcolorを変えたりして、どこがどこなのか確認しながらコードの役割を追記してました。
    これも悪くないですが、少し効率悪いです。理由はGithubがあるから。

    ✌️Githubのレポジトリをクローン
    プログラミングやる上でGithubを活用しないのはめちゃもったいないです。先人たちが作ったプログラムをGithubのレポジトリ(和訳:倉庫)にアップロードしてくれているので使い倒すのが吉。

    しかも、URL1行コピペすれば全コードをコピペされるので普通のサイトのコピペとは比べものにならないくらい効率良いです。そして、コードの中身を理解していきましょう。

    💰UdemyのFlutter初心者コース購入
    やっぱり初心者にはコードの中身を理解するというのは時間が掛かります。僕は2ヶ月で画面構成は理解できてきたけどデータの受け渡しについてはフワッとしてました。main.dartにclassが2つくらいなら自分でもコードを書けるレベルで壁にぶつかりました。

    そこでもう一度「Flutter 学習方法」でググります。そこでUdemyを知ります。Udemyは教育系プラットフォームです。進研ゼミ的な??ものは試しでやってみました。

    まつまるまつまる

    もっと早くやってれば良かった。💦

    僕が受講したUdemyのコースではFlutterの環境構築からプログラミングの基本や同期非同期の動作についてなどなど、てんこもりです。プログラミング初心者がFlutterに取り組むならUdemyが最速なのではと思うほど。

    ただし、他の言語でプログラミングの基礎は知ってる人にとっては冗長でしょう。

    ちなみに、もしUdemyをやるならセールの時に買ってください。月1で90%オフになるみたいなので、定価はバカ高く感じます。笑 僕もセール中に買いました。

    2ヶ月目のまとめ
    Githubを使いこなそう
    プログラミング初心者ならUdemyやっとけ

    3ヶ月目

    👀Flutterのプラグインを探す
    😩新たな壁「データベース」

    👀Flutterのプラグインを探して試す
    僕の作りたいアプリは動画を撮影&選択→トリミング→機械学習→保存、みたいな感じです。トリミングをするコードを書こうと思ったら大変なので、もしトリミングプラグインがあれば開発工数を減らせます。

    なので、自分が作りたいアプリの機能を満たすプラグインの充実度合いはけっこう重要です。(普通は取り組む前に確認するけど、そんなことも知らなかった)なので、プラグインを探しては簡単なアプリで試すを繰り返していました。

    😩新たな壁「データベース」
    Udemyのコースを7割終え、使いたいプラグインも見つけた僕は、もうアプリ作るの余裕と思っていました。。そこでぶち当たったのが「データベース」です。アプリ作るならデータを保存&編集できるのは当たり前ですよね?そこを忘れていました。今必死にやってます。笑

    まとめ

    自分の作りたいアプリを開発するために、色々やってきましたが少々遠回りしているな~と振り返って思いました。僕が言うのもなんですが、基礎は大事だと思います。Flutterに取り組みはじめるひとの参考になれば幸いです。